RECRUIT 採用情報RECRUIT 採用情報

RECRUIT 採用情報

市場価値の高いエンジニアとして成長していく システムエンジニア SYSTEM ENGINEER@tokyo システムエンジニアリング第四部(東京)勤務 2016年新卒入社 山田  駿輔自分次第でステップアップし続けられる環境へ システムエンジニア SYSTEM ENGINEER@tokyo システムエンジニアリング第四部(東京)勤務 2016年新卒入社 山田  駿輔

PROFILE プロフィール

名  前
山田 駿輔(ヤマダ シュンスケ)
所  属
システムエンジニアリング第四部(東京)
入社年月日
2016年4月(新卒採用)
メイン業務
製品の受発注に係る海外向けシステムの保守・改善

PROFILE プロフィール 山田 駿輔(ヤマダ シュンスケ)

SCHEDULE 一日のスケジュール(例)

山田 駿輔のスケジュール

INTERVIEW インタビュー

入社のキッカケを教えてください。

入社のキッカケを教えてください。

就職活動では業界を狭めず、気になった会社があれば説明会に参加していました。その中で、お客様先で業務提案を行う「システムコンサルティング」の仕事に興味をもつようになりました。
当社に惹かれた最大の理由は、説明会時の風通しの良さ。他の会社と比べてフランクな雰囲気が印象的で、ここなら自分らしく働けると感じました。

入社してからのキャリアを教えてください。

入社後は東京勤務で研修に参加し、ビジネスマナーから技術的な基礎知識を身につけていきました。7月からは、OJTを受けながら部品素材の規制部分に関連するやりとりを行うシステムの再構築に携わりました。仕様書や設計書をもとに、システムの全体像を把握し、その後Javaによる製造・テストを実施。他の画面と問題なく連動するかを確認し、プログラムの修正とテストを繰り返します。
2年目からは海外販社との受発注をもとに、製品の物流管理システムの保守改善を担当し、現在に至ります。

仕事のやりがいや、成長を感じた
出来事を
教えてください。

これまで経験したプロジェクトでは、主にシステムの保守や改善に携わっていました。
常にPCと向き合っているイメージがありますが、システムトラブルは予告なく発生するものなので、瞬時の判断力とフレキシブルな対応が求められます。慣れないうちは経験不足から解決に時間を要することも少なくありませんでしたが、先輩からアドバイスをいただいたり、躓いたポイントを自分で調べたりするうちにノウハウが蓄積され、少しずつ自信がついてきました。
昨日できなかったことが今日はできるようになっている。
その度に、成長を実感する自分がいます。

仕事のやりがいや、成長を感じた出来事を教えてください。

これからの目標について教えてください。

これまで多くの先輩からアドバイスをいただいてきましたが、その中でも特に私が目標としているのが、入社6年目の先輩です。さまざまなシステムにおける事象に冷静に向き合い、あらゆるトラブルを迅速に解決していく姿は、まさにエンジニアとして目指すべき指標となっています。
先輩のように豊富な知識とノウハウを身につけるためには、それ相当の経験が必要です。私も現状に満足することなく、自分の頭と足を使って行動に移すことで経験値を高め、どんな現場にも対応できる市場価値の高いエンジニアとして成長していきたいですね。

山田さんと伊藤さんの笑顔山田さんと伊藤さんの笑顔

TEAM チーム

伊藤さんから見た
山田さんってどんな人?

誰に対しても壁をつくることなく、おおらかな雰囲気を持っている人。
仕事終わりに飲みに誘うと高い確率で参加してくれますし、そういった一面からもチームワークを構築する上で必要な資質があると感じています。
今まで以上に積極的に行動し、周りの先輩や上司からノウハウを吸収することで経験値を高めてほしいですね。

先輩の伊藤基博さん

先輩の伊藤基博さん

TOPへTOPへ