RECRUIT 採用情報RECRUIT 採用情報

RECRUIT 採用情報

最初の一歩は小さくても、将来は大きな花を咲かせたい システムエンジニア SYSTEM ENGINEER@tokyo システムエンジニアリング第四部リーダー(東京)勤務 2004年新卒入社 伊藤 基博最初の一歩は小さくても、将来は大きな花を咲かせたい システムエンジニア SYSTEM ENGINEER@tokyo システムエンジニアリング第四部リーダー(東京)勤務 2004年新卒入社 伊藤 基博

PROFILE プロフィール

名  前
伊藤 基博(イトウ モトヒロ)
所  属
システムエンジニアリング第四部 リーダー(東京)
入社年月日
2004年4月(新卒採用)
メイン業務
経営情報に関するシステム設計・開発

PROFILE プロフィール 伊藤 基博(イトウ モトヒロ)

SCHEDULE 一日のスケジュール(例)

伊藤 基博のスケジュール

INTERVIEW インタビュー

入社のキッカケを教えてください。

入社のキッカケを教えてください。

大学時代は情報処理を専攻し、主にプログラミングを学んでいました。昔からゲームが好きだったこともありますが、IT業界に進んだのは学生時代の経験を活かせると思ったからです。また、自分の地元である福島に根を張り、着実に成長し続けている企業であることも魅力でした。
面接では、社長の仕事に対する熱い想いを聞き、ここなら仕事を通して成長できると確信。
社長の情熱に背中を押されたことも一度や二度ではありません。「伊藤くん、このままではダメだよ、頑張らなくちゃ!」という叱咤激励が、今日も自分を奮い立たせてくれます。

入社してからのキャリアを教えてください。

5年間の東京勤務を経験後、郡山本社に移るのが当社の通常のキャリアパスですが、私は入社以来、東京勤務が続いています。ずっと担当していたプロジェクトが自分のやりたいこととマッチしていたため、自ら東京勤務の継続を会社に申し出ました。
現在は経営情報に関わるシステムの設計から開発を担当しています。大学には学ばなかったOracleを一から学ぶことができ、先輩や上司のサポートを受けながら日々成長できる環境が自分に合っていたのだと思います。

仕事のやりがいや、成長を感じた
出来事を
教えてください。

今のプロジェクトではリーダーとして家電や自動車領域における受注データをもとに請求書を発行するシステムに関わっています。
お客様から「ありがとう」という声をいただくことが何よりも嬉しいですね。経営に関わるシステムは取引単価が高いだけでなく、開発工程における些細なミスが大損害につながるリスクも抱えています。常に緊張感と隣合わせですが、それ以上に重要な役割を担っていること、そして、お客様からの期待が大きいことを実感する毎日です。
さまざまな経験を積み重ねることによって、エンジニアとして着実に成長できていると思います。

仕事のやりがいや、成長を感じた出来事を教えてください。

これからの目標について教えてください。

ゆくゆくは自社内における受託開発案件を増やすことが目標です。私自身、リーダーとしてスキルアップを図りながら、案件のさらなる開拓や開発環境の整備などにも注力していきたいと思います。
現在、会社としても何か新しいことがしたいという社員のアクションに積極的に耳を傾け、事業化を目指す取り組みを始めています。私はまだ構想段階ですが、スマートフォンのアプリ開発にチャレンジしたいと考えているところです。最初の一歩は小さくても、将来は大きな花が咲くようなビジネスの種をまき、会社の成長にも貢献していきたいですね。

山田さんと伊藤さんの笑顔山田さんと伊藤さんの笑顔

TEAM チーム

山田さんから見た
伊藤さんってどんな人?

これまで東京勤務を経て郡山本社に戻るケースが一般的だった当社において、入社時から東京で長くキャリアを積んできた方。
社内外からの信頼関係が厚く、プロジェクトに対する理解も深い。知識や経験が豊富で何かと頼りになる存在です。まだまだ自分なんて足元にも及ばないほど、エンジニアとして尊敬しています。

後輩の山田駿輔さん

後輩の山田駿輔さん

TOPへTOPへ